マウンテンバイク(MTB)のタイヤの種類や選び方からみたおすすめは?

趣味

マウンテンバイクのタイヤ交換を考えた時に、タイヤの種類の多さや選ぶポイントが分からないと思います。

ここでは種類や乗り方に合った選び方を見ていきます

タイヤを選ぶ前にあなたの乗り方は?

マウンテンバイクに乗っているからと言ってみんなオフロードの山道を走っているわけではないですよね!

なので、あなたの乗り方次第でタイヤの選び方も変わってくるんです。

オフロードなのかオンロードなのか長距離を走りたいのか、通勤で使いたいのかなど、どう乗るかが重要になってきます。

それによってタイヤの特性が変わってくるのでタイヤ選びの際にそこら辺も意識して選んでみましょう!

タイヤのサイズの見方や調べ方はどうするの?

マウンテンバイクのタイヤのサイズの見方や調べ方交換費用などはこちらのページをご確認ください。

MTBタイヤを選ぶ際の種類や選ぶ方やポイントを見ていきましょう!

色々と種類がありすぎてわからないですし、乗り方によってもタイヤの種類が変わってくるので、どんなものがあるのか紹介していきます。

ブロックタイヤ (オフロード)

タイヤの表面にブロックが付いているタイプのタイヤです。

グリップ力が高い分走行抵抗も高くなってしまうので、舗装道路は若干不向きですが、荒れた道でもグリップして安定して走れるタイヤでオフロードむきになります。

マウンテンバイクといえばこのタイヤって位定番です。

オフロードメインでも砂砂利や岩場、トレイルと色々なシーンがあると思いますが、そういう場所を走る場合にはブロックタイヤがグリップ力も高いですし、向いています。

センターリッジタイヤ (長距離・ツーリング向き)

センター部分のブロックがつながっているタイプのタイヤです。

直進している時の接地面積が少ないため、軽快な走行が可能なタイプです。

多少のオフロードも行けるようですが街乗り自転車やグラベルロードに装着されることが多いようです。

センターリッジは長距離やツーリングに向いています。オンオフどちらも対応可能なので自由度が高いです。

セミスリックタイヤ  (長距離・ツーリング向き)

センター部分はスリックタイプ、端の部分はブロックタイプと、ブロックタイヤとスリックタイヤの特徴を足したようなタイヤです。

未舗装道路と舗装道路どちらも走りたいのであればこちらを選択すると良いでしょう。オフロードのコーナリングでもグリップが効きます。

スリックタイヤ (オンロード)

オンロード用で走行抵抗が低く、舗装された道路での走行に向いているタイヤです。

逆にダートなどの荒れ地ではとても滑りやすく、不向きです。その為、街乗りや通勤用として使うにはいいと思います。

マウンテンバイクのタイヤのメーカーはどんなのがあるの?

どんなメーカーがあるのかざっくり見ていきます

MICHELIN(ミシュラン)

車やオートバイからスペースシャトルまで、あらゆるタイヤを開発する世界的なタイヤメーカーです。

自転車用タイヤでは、チューブラーが主流だった1980年代にレース用クリンチャーを開発し、クリンチャータイヤのトレンドにも一役買っています。

ミシュランガイドなどでも有名な会社になります。

iRC TIRE (アイアールシー)

井上ゴム工業のブランドのIRC、オートバイ・自転車・車いすのタイヤ・チューブが主力です。プロスポーツ選手の支援など幅広く活躍している会社になります

MAXXIS(マキシス)

台湾のタイヤトップメーカー、チェンシンが展開しているブランドが「マキシス」です。

自動車用タイヤでもオフロードやバギー用タイヤを得意とし、マウンテンバイクタイヤはそれぞれの用途にあわせ幅広く展開しています。世界で活躍している有名企業になります。

KENDA(ケンダ)

台湾有数のタイヤメーカーのケンダ。高品質でコストパフォーマンスの高い製品を作るメーカーです。

総合タイヤメーカーとして耐久性や性能の向上を高め世界数か国で展開しています。乗用車やトラック産業車両など幅広く展開しています。

WTB(ダブリューティービー)

アメリカカリフォルニア発のオフロードパーツブランドでタイヤ、リム、サドルなどの開発もしており自転車に対する情熱でビジネスを成功させてきた会社になります。

【まとめ】タイヤ選びも楽しみましょう

マウンテンバイクのタイヤを探そうと思うと、どこを探していいのか見方が分からないなど不安もあると思います。

近くに自転車屋さんがあって普段から相談に乗ってもらえる人はまれだと思いますので、ここのサイトが少しでも参考になれば幸いです。

まずはタイヤのサイズを調べてください。そしてタイヤのサイドの数字を目安に商品選びをしてください。

自転車屋さんによっては、持ち込み禁止の場合もあるので、ショップで変えてもらう場合は、一度確認してから買うようにしましょう。

メーカーやブランドも沢山あるため、あなたの乗り方に合わせたタイヤを買うことを推奨いたします。

見た目のカッコよさで買ったら乗りずらかったという事もあると思います。

ですが、一番は楽しむことだと思うので、タイヤ選びもMTB等の自転車乗りの醍醐味だと思いますので、色々と試して乗りやすい物を見つけるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました